ここから本文です

デビュー35周年!世界的ギタリスト・布袋寅泰が、大ヒット曲『スリル』を含む“35周年オールタイムメドレー”をテレビ初披露

E-TALENTBANK 6月24日(金)11時38分配信

6月24日(金)放送の『ミュージックステーション』に出演する世界的ギタリストの布袋寅泰が、デビュー35周年を彩るスペシャルなライブパフォーマンス、オールタイムメドレーを披露することが決定した。

日本を代表するスーパーギタリストの布袋は今から35年前の1981年、伝説的バンドBOOWYを結成。7年の活動期間を経て1988年に東京ドームで行われたBOOWYのラストライブでは、チケット販売の際、予約の電話が殺到したことにより文京区の電話回線がパンクするなど、日本の音楽シーンに残る逸話を残したBOOWY人気は社会現象とまでなった。そのBOOWYのヒット曲の多くを作曲したのが布袋だ。

BOOWY解散後、1988年にはミュージシャンで俳優の吉川晃司とCOMPLEXを結成。2年という短い活動期間ながら熱狂的な人気を誇り、リリースした作品はすべてオリコンチャート1位に輝いた。

そして今夜、『35周年オールタイムメドレー』として送るのは、BOOWY時代の『B・BLUE』、COMPLEX時代の『BE MY BABY』など、布袋が生み出してきた大ヒット曲から今なお色あせることのないギターフレーズの数々。さらに、1995年にソロとして発表した『スリル』を加え、Mステ限定のスペシャルなメドレーを披露する。

最終更新:6月24日(金)11時38分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。