ここから本文です

田澤純一3ランで救援失敗も、チームは延長10回サヨナラ勝ち

Full-Count 6月24日(金)8時31分配信

1点リードの7回、アブレイユに逆転3ランを喰らう

 レッドソックス田澤純一投手が23日(日本時間24日)、本拠地でのホワイトソックス戦に登板し、7回に逆転3ランを浴びて救援に失敗した。2/3回を投げて1安打1得点(自責1)で防御率は3.18。チームは8回に同点に追いつき、延長戦へ持ち込むと、10回にア・リーグ首位打者ボガーツのサヨナラ打で勝利した。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 1点リードの7回1死一、二塁の場面で、2番手レインに代わってマウンドに上がった田澤は、3番アブレイユと対峙した。1ボールから外角低めに入った2球目スプリットを捉えられ、左中間スタンドに飛び込む逆転3ランに。その後、カブレラとフレイザーを打ち取って回を締めくくったが、3試合ぶりの失点にマウンド上で悔しげな表情を見せた。

 だが、チームは7回と8回に1点ずつを加え、同点に持ち込んだ。延長戦にもつれ込んだ10回、ア・リーグ首位打者の3番ボガーツが、1死一、二塁からセンターへ安打を弾き返してサヨナラ勝利。ボガーツの一打に救われた田澤も歓喜の輪に加わった。

 チームは連敗を3で止め、地区首位オリオールズと1.5ゲーム差を保った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月24日(金)8時31分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]