ここから本文です

大阪の人気ラーメン店・神座、30周年で創業時価格の500円に

Lmaga.jp 6/24(金) 12:30配信

ラーメンチェーン「どうとんぼり神座(かむくら)」が、7月1日から創業30周年の記念企画として、1号店である道頓堀店(大阪市中央区)を含む大阪・ミナミの3店舗で、看板メニューの「おいしいラーメン」(通常630円)を創業時価格の500円で販売する。

5月に登場した「神座」新メニューの「金のカラアゲ丼」

大阪・道頓堀に4坪9席でスタートした「神座」。この30年間、「スープ・ソムリエ」という独自の社内資格制度のもと、「おいしいラーメン」のベースとなる秘伝のスープを継承。香り、コク、甘味、豚肉や白菜のうまみとの絡み具合にいたるまで、創業当時の味を守り続けてきた。今回、30周年を迎えるにあたり、大阪・ミナミの3店舗(道頓堀店、千日前店、心斎橋店)に限り、創業時価格で提供することに。

また、7月11日から24日の期間、麺の大盛(1.5玉)無料サービスやお子様セットの半額、トッピング1品(150円以下)無料など、上記3店舗以外でも謝恩セールも実施。さらにお得なサービスが受けられる「30周年プレミアムカード」も限定3,000枚で販売されるという。

最終更新:6/24(金) 17:38

Lmaga.jp