ここから本文です

【全文】キャメロン英首相辞意表明 EU離脱派が勝利「新たなリーダーが必要」

ログミー 6月24日(金)20時31分配信

国民投票によりイギリスがEU(欧州連合)から離脱することが決定。その結果を受け、デーヴィッド・キャメロン首相が会見を開き、辞意を表明しました。

国民の意志は尊重されなければならない

みなさん、おはようございます。我が国は、たった今、おそらくイギリス史上最大の、巨大な民主主義の決議の場において、離脱の表明をいたしました。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、ジブラルタルにおける、3,300万人以上の人々はすべて、自身の意思を表明しました。

我々は、これらの島々において、この大きな決断を下した人々を信頼できることを、誇りに思うべきです。

我々には、議会制民主主義だけでなく、ときに、国民自身が政府の方針を問う権利があります。それが今まさに、イギリス国民が成し遂げたことなのです。

イギリス国民は、EUからの離脱を投票で決議しました。その意志は、尊重されなければなりません。

この議論において、わたくしの側でキャンペーンをしてくださったすべての方々に、感謝の意を表したいと思います。また、党派を超え、国益のために、その信念を発言してくださったすべての方々にも同様です。

また、活発にして情熱的な、離脱のキャンペーンを行ったすべての方々に、お祝いを申し上げます。

6年間首相を務められたことが誇らしい

イギリス国民の意志と、望む方針は、実現されなくてはなりません。これは、軽々しく扱ってよい決断ではありません。多くの組織により、多くのことが、この決断の重要性について話し合われたからです。ゆえに、その結果には、疑う余地はありません。

世界中が、イギリスの下す選択を見守って来ました。市場や投資家のみなさんには、イギリスの経済は、根本的に強靭であることを保証します。ヨーロッパ諸国に住むイギリス国民や、イギリス在住のヨーロッパ国籍の方々には、それぞれの環境について即時の変化がないことを保障したいと思います。イギリス国民の移動、物流、サービスに関しては、基本的に変化は生じません。

今後の我々は、EUとの交渉に備えなければなりません。これは、連合王国全域の利益が守られ、促進されるためにも、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド政府の全面的な参加が必須となります。

しかし、なににもまして、強力でぶれない、熱意あるリーダーシップが必要です。

私は、6年間、この国の首相を勤めることができたことを、誇らしく、光栄に思います。我々が、すばらしい進歩を遂げることができたと信じています。史上かつてないほど多くの人々の参加と尽力により、福祉と教育とを改革して国民の人生のチャンスの幅を広げ、大きく強い社会を築くことができました。

世界で最も貧しい人々に、我々の約束を守ることができ、性別がなんであれ、愛し合う者が結婚を可能にすることができました。なによりも、イギリス経済力を回復することができました。

これらの実現に尽力してくださったすべての方々に、感謝の念を捧げたいと思います。

1/2ページ

最終更新:6月24日(金)20時31分

ログミー

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。