ここから本文です

江の島、鎌倉の魅力がウェブ動画に 小田急と江ノ電がキャンペーン

乗りものニュース 6月24日(金)7時0分配信

「新しい旅の体験や魅力を提案」

 小田急電鉄は2016年6月23日(木)から、同グループの江ノ島電鉄と連携し、江の島、鎌倉エリアへのさらなる来訪促進を目的としたキャンペーン「江ノ電で、会いにゆく。」を展開しています。

 このキャンペーンは2015年から実施しており、今回は第2弾。小田急電鉄によると、「見て回る」だけの観光ではなく、「モノ」「コト」「ヒト」に触れて楽しんでもらう、新しい旅の体験や魅力を提案するというものです。

 6月23日(木)からは小田急線や江ノ島電鉄の各駅、小田急線の電車内などにポスターを掲出。7月5日(火)からは、「Sound of ENODEN」と題したウェブ動画が公開されます。そのテーマは「江の島・鎌倉エリアにある多様な“音”と地元で活動するミュージシャン達が奏でる“音”のコラボレーション」。動画は観光案内サイト「江の鎌ナビ」や小田急線電車内の液晶ディスプレイ「小田急TV」などで見ることができます。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月24日(金)12時55分

乗りものニュース