ここから本文です

北海道で“極上のおとな旅” クールスターがワンランク上の高級プラン提案-国内外から富裕層を呼び込む

日刊工業新聞電子版 6月24日(金)16時51分配信

 【札幌】クールスター(札幌市中央区、福村泰司社長)は国内外の富裕層向け旅行事業を強化するため、高級チャーターリムジンバスの台数や通訳案内士の資格を持つアテンダントなどの人数を5年以内に2倍以上に増やす。サービス体制の充実に加え、レストランなどを運営する美瑛ファーマーズマーケット(北海道美瑛町)とも連携し、北海道の魅力を満喫できる質の高い旅行プランを提案していく。

 クールスターは札幌観光バス(札幌市清田区)が高級リムジンバス事業を独立させて、1月に設立した旅行会社。同バスでの送迎とともに、国内外の富裕層向けにオーダーメードでの旅行プランを手がける。同バスの運行は札幌観光バスに委託している。

 2021年9月期までに同バスは現在の4台から12台、アテンダントは5人から12人に増やす。研修も充実させて良質なサービスの提供を目指す。北洋銀行の「北洋イノベーションファンド」の出資や日本政策金融公庫札幌支店国民生活事業北海道創業支援センターの「資本性ローン」での融資を活用して取り組む。

 旅行事業で連携する美瑛ファーマーズマーケットは農業生産法人のファームズ千代田(北海道美瑛町)と札幌観光バスが共同で設立し、地元で生産した和牛を食材としたレストランの運営などを手がける。「北洋6次産業化応援ファンド」の出資も受け、富裕層向けオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)の新設などを計画しており、18年度をめどに美瑛町を巡る旅行プランに組み合わせる。

最終更新:6月24日(金)16時57分

日刊工業新聞電子版