ここから本文です

福知山公立大が定員を増員 今年度の50人を120人に

両丹日日新聞 6月24日(金)14時50分配信

 京都府福知山市西小谷ケ丘の福知山公立大学(井口和起学長)は23日、文部科学省に学則変更の届け出を行い、同日付で受理された。これにより、来年度の入学定員が、現行の50人から120人に変更されることが決まった。

 設置する福知山市の政策「学びの拠点基本構想」の実現、経営安定などのため、市が作成した財政シミュレーションでも、来年度の定員を120人に設定しており、早期の定員増を目指していた。また5年後をめどに、定員200人にする方針も示している。

 井口学長は両丹日日新聞社を訪れた際、「定員割れする心配はありません。ただ、それで満足するのではなく、何倍もの志願者が集まる大学にしていく」と自信を見せていた。

両丹日日新聞社

最終更新:6月24日(金)14時50分

両丹日日新聞