ここから本文です

北東北3県の高速乗り放題「いくべぇパス」発売 普通車2日間6500円から

乗りものニュース 6/24(金) 14:03配信

東北道は一関IC以北が乗り放題に

 NEXCO東日本・東北支社は2016年6月16日(木)、北東北3県(岩手、秋田、青森)の観光振興を目的に、3県の高速道路が定額で最大連続3日間乗り放題になる「夏の北東北いくべぇフリーパス」を発売しました。

2015年渋滞ワーストランキング【高速道路・IC区間別】

 乗り放題になる「北東北周遊エリア」は次のとおりです。

・東北道:一関IC~青森IC
・青森道:青森JCT~青森東IC
・八戸道:安代JCT~八戸IC、八戸JCT~下田百石IC(百石道路含む)
・釜石道:花巻JCT~東和IC
・秋田道:北上JCT~能代南IC(秋田外環状道路と琴丘能代道路含む)
・日本海東北道:岩城IC~河辺JCT
・湯沢横手道路:湯沢IC~横手IC

 対象車種はETCを搭載した普通車と軽自動車など。利用できる期間は10月3日(月)までです(ただし8月10日から8月29日までは除く)。このうち連続する最大2日間または3日間利用できます。

 値段は普通車の2日間が6500円、3日間が7500円。軽自動車などの2日間が5000円、3日間が6000円です。NEXCO東日本のウェブサイト「ドラぷら」または「ドラぷらモバイル」から申し込めます。周遊エリアの観光施設や宿泊施設、レンタカー会社では、料金割引や地元特産品のプレゼントなどの優待特典が用意されています。

 NEXCO東日本は、日曜から火曜にかけての3日間、普通車がこのフリーパスを利用して、盛岡ICを発着地とし黒石温泉や弘前、錦秋湖などを周遊した場合、通常のETC料金に比べ2080円安くなると紹介。「この機会にぜひ高速道路をご利用いただき、北東北3県の“食”、“温泉”、“自然”、“祭”を満喫してみてはいかがでしょうか」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/24(金) 14:40

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。