ここから本文です

サガン鳥栖、鹿島からMF青木を完全移籍で獲得

佐賀新聞 6月24日(金)11時46分配信

 サッカー・J1サガン鳥栖は23日、J1鹿島アントラーズから元日本代表のMF青木剛(33)が完全移籍で加入すると発表した。背番号は35。

 青木は2001年に前橋育英高(群馬)から鹿島に入った。ボランチやセンターバックをこなし、これまでJ1通算375試合に出場。08、09年には日本代表でもプレーした。しかし、今季はナビスコ杯4試合の出場にとどまっていた。

 Jリーグ、ナビスコ杯で4度ずつの優勝経験を持つ青木はクラブを通じ、「自分のサッカー人生において新たなスタートを迎えるが、これまでの経験を生かし、挑戦の場を与えてくれたクラブへの感謝の気持ちを胸に戦う」とコメントしている。

最終更新:6月24日(金)11時46分

佐賀新聞