ここから本文です

日ハム大谷の驚異の潜在能力 課題改善すれば、直球は「捕手もとれない」!?

Full-Count 6/24(金) 14:18配信

163キロで空振り奪えず、「上半身と下半身のタイミングが合っていない」?

 日本ハムの大谷翔平投手が常識を覆す活躍を続けている。今季は打撃好調で、自己最長の16試合連続安打、5試合連続本塁打を記録するなど、打率.336、9本塁打、24打点をマーク。5月29日の楽天戦(Koboスタ宮城)からは“リアル二刀流”での出場を続けており、6月に入ってからは全3試合で「5番・投手」として先発するなど、打線の“主軸”として欠かせない存在となっている。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 投手としては、運にも恵まれずに開幕から5試合連続白星なしと苦しんだが、現在は自身5連勝中で6勝4敗、防御率2.21とハイレベルな数字を残している。6月5日の巨人戦(東京ドーム)では、日本記録を更新する163キロをマークし、日本球界の歴史を塗り替えた。さらに、同12日の阪神戦では163キロを5球計測。全107球のうち31球が160キロ超と、衝撃的なピッチングで阪神打線を圧倒した。

 ただ、二刀流右腕の潜在能力は計り知れない。まだまだ“完成品”には程遠いとの声も多い。163キロの直球で空振りを奪っていないことは、その根拠の1つとされている。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏も大谷の現時点でのパフォーマンスに感嘆しつつ、直球の“質”に向上の余地があると見ている。

「160キロ超のボールでも、打者は空振りしないですよね。163キロもファウルにされている。上(半身)と下(半身)のバランス、タイミングが、まだ合っていない気がするんです」。逆に、150キロ台前半のボールで空振りを奪う場合もあるだけに「楽に力を抜いて投げた時の方がキレが出ている感じがしますね。(160キロ以上が出る時は)上から体全体を使って抑え込みにいきすぎてるような感じがします。だから、体重移動がうまく行っていないのかなと。上から抑え込むように投げれば、スピードガンの球速は出ます。ただ、初速が163キロ出ていても、終速はあまり出ていないのではないかなと思います」と分析した。

 どういうことなのか。野口氏はまず、好調な打撃に気になる点があると指摘する。レフト方向への驚愕のホームランを量産し、圧倒的な能力を見せている一方で、ライト方向への一発が少ないということだ。

1/3ページ

最終更新:6/24(金) 16:13

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。