ここから本文です

西岡良仁 ウィンブルドン初の本戦入り決める<男子テニス>

tennis365.net 6月24日(金)22時5分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は24日、男子シングルス予選3回戦が行われ、予選第12シードの西岡良仁(日本)が予選第29シードのQ・ハリス(フランス)を7-6 (7-1), 4-6, 6-2, 6-3で下し、大会初の本戦出場を決めた。

ウィンブルドン対戦表

20歳の西岡は今回の勝利により、グランドスラム全4大会で本戦入りとなった。

昨年の全米オープンでは初戦で元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)をフルセットで破り、グランドスラム初勝利をあげた。

同日には世界ランク224位の守屋宏紀(日本)が予選第28シードのD・ノビコブ(アメリカ)と本戦出場をかけて対戦する。

また、第5シードの錦織圭(日本)は世界ランク123位のS・グロス(オーストラリア)、ダニエル太郎(日本)はJ・モナコ(アルゼンチン)と1回戦で顔を合わせる。

tennis365.net

最終更新:6月25日(土)1時9分

tennis365.net