ここから本文です

乗れば乗るほど染みてくる/ホンダ 新型「アコード ハイブリッド」試乗レポート

オートックワン 6月24日(金)20時0分配信

ホンダの最新モデルに共通する「ギラついた」強い顔立ちに変身

ホンダのアッパーミディアムセダン「アコード」のハイブリッドモデル、「アコードハイブリッド」がマイナーチェンジを受けて、カナリ良くなったらしいというウワサを小耳に挟んだので、早速試乗をしてきた。

ホンダ 新型「アコード ハイブリッド」画像ギャラリー

まず今回の改良では、内外装が大きな変貌を遂げている。

エクステリアのデザインはまさにフェイスリフト!という感じで、もともと押し出しの強いデザインがさらにギラつきを醸し出す最近のホンダ顔に一新。

中でも目を惹くのは大きく表情を変えたライト関係だ。

インラインタイプのフルLEDが装備され、瞳の中がやたらに近未来風味に。公式サイトによれば「翼のように」とのことだが、確かに従来型の円と線の構成よりも数段シャープで、まさに羽のようなキラキラ感が眩しい。近年、ライト関係は顔を作る大事な要素のうちのひとつとしてどのメーカーも試行錯誤を繰り返しているが、アコードのコレもまたエクステリアデザインに一層の迫力を増させている。

ATシフトがスイッチ式の「エレクトリックギアセレクター」に変更

内装にも大きな変化があった。

シフトがノブ式ではなく、スイッチ式のエレクトリックギアセレクターに変更されたのだ。これは同社最上級セダンの「レジェンド」や、水素自動車「クラリティ FUEL CELL」、また発売前ではあるがプロトタイプの「NSX」にも搭載予定のものと同様のシステムで、ホンダがアコードを高級セグメントに分類しているという意識の表れとも感じ取られる。

ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」がさらに進化

そもそも基礎体力の高いアコードハイブリッドの走りなのだが、今回のマイチェンのキモとも言えるのがハイブリッドシステムの改良だ。

これにより、さらに高出力と高トルク化を図り、ズバっとした心地よい走りを実現した。

この「アコードハイブリッド」には「スポーツハイブリッドi-MMD」というシステムが搭載されているが、このモーターとバッテリーを新設計し、小型化と軽量化に成功したのだ。

詳しい技術解説は先輩の渡辺陽一郎氏が先行記事でかなり詳しく書いてくださっているので、既出の記事に筆を譲るが、アクセルペダルを踏んだ瞬間にスッと進みだすモーター発進の質感はかなり上質で、好感が持てる。トルクフルすぎもしないし、だからといってモタつきも感じさせない、実に絶妙の塩梅なんである。

モーターからエンジンへの切り替わりも滑らか。かつ、静粛なモーター走行から一転、エンジン走行に入ればワイルド&スポーティーなサウンドを聴かせてくれるのも走りにこだわるホンダらしい。

言っちゃ悪いが、「あれ?アコードってこんなイイクルマだったっけ?」と再認識させられるイメージだ。

1/3ページ

最終更新:6月24日(金)20時0分

オートックワン