ここから本文です

代表でのプレイはやや窮屈? フランス代表FW「バイエルンのほうが自由」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月24日(金)18時0分配信

戻ることを指示されている?

フランス代表FWキングスレイ・コマンが代表での立ち位置について語っている。

EURO2016のフランス代表メンバーに19歳ながら選出されたコマン。当初はスーパーサブとして起用されると考えているが、ここ2戦は先発メンバーに名を連ねている。それでもクラブほどの活躍はできていない現状が代表でプレイすることの難しさを物語っている。バイエルンとの違いについて本人が仏『Le Parisien』で述べた。

「僕はバイエルンでは外に張っているけど、中央に行くことも許されている。デシャン監督は僕らに30メートル戻って、ゴール前のリスクを減らすように言うんだ。守備もしろということだね。それが嫌なわけじゃないけどクラブのほうが自由に感じるね」

言うまでもなくサイドアタッカーであっても、守備を求められるのが現代サッカーの常識だ。コマンには守備にも走りながら相手ゴール前で決定的な仕事を果たせるような選手になることを期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月24日(金)18時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]