ここから本文です

ヤクルト山田がリーグ独走24号&4打点 4冠狙える勢い

Full-Count 6/24(金) 21:29配信

本塁打、打点、盗塁はリーグトップ

 ヤクルトの山田哲人内野手が24日の中日戦で先制24号2ランを含む、4打点をマークし、5-1の勝利に貢献した。

 初回、2アウト三塁のチャンスで迎えた第1打席。中日の先発・若松からうまく右方向へ運ぶ本塁打を放ち、2ランで先制した。3回にも2人の走者を置いた場面で左翼へ2点タイムリー二塁打。得点圏で仕事を見事に果たした。

 5回の打席は四球。8回の打席は死球でこの日は2打数2安打。打率は3割3分。打率は巨人・坂本に続く2位も、本塁打、打点、盗塁はリーグトップ。今季は2年連続トリプルスリーどころか、4冠も狙える勢いだ。

 今季は打つだけではなく、選球眼もよく、4勝目を挙げた小川とともにお立ち台に上がると「しっかりとボール球見極めるのは大事なことと思っています。(打席は)大事な場面でまわってくることが多いので、残りの試合もきっちりそうしたランナーを返せるように自分の仕事をしたいと思います」。リーグ戦再開の試合を好発進した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/24(金) 21:45

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。