ここから本文です

ジェニファー・ロペス、お尻震わせるセクシー・ダンスで観客を魅了

Billboard Japan 6月24日(金)17時10分配信

 ジェニファー・ロペスがラスベガスでの公演にて、ダディー・ヤンキーのレゲトン・アンセム「ガソリーナ」に合わせたダンスを自身の振り付けで披露した。ジャスティン・ビーバーも先日、同曲をステージ上でかけて踊ったばかりだ。

 ジェニファー・ロペスはラスベガスで開催中の常駐コンサート中に、ヤンキーの曲に合わせてbooty shake(お尻をブルブル小刻みに震わせるダンス)のスキルを披露。現在46歳の彼女は、ステージ端に寄ったダンサー達に囲まれながら、およそ30秒間にわたるセクシー・ダンスで観客を興奮させた。

 ビーバーも今年3月にロサンゼルスで行ったコンサートで「ガソリーナ」を流していたが、booty shakeダンスはやらなかった。上半身裸のビーバーは、ステイプルズ・センターでレゲトン・ダンスを披露していた。

 ジェニファー・ロペスが客席を前にお尻をブルブルと激しく揺らす様子は、現在YouTube上で視聴できる。



◎Jennifer L?pez mueve su “booty” al son de “La gasolina” DADDY YANKEE
https://www.youtube.com/watch?v=FLhJVTMaliY

最終更新:6月24日(金)17時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。