ここから本文です

トム・クルーズ主演『アウトロー』続編、日本公開決定!アクション炸裂な予告解禁

クランクイン! 6月24日(金)12時0分配信

 世界興収2億1800万ドルのヒットを記録したトム・クルーズ主演映画『アウトロー』の続編となる『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』が11月より全国公開となることがわかった。今回この発表に合わせて、前作で観る者を翻弄したサスペンス、スリリングなアクションの健在がうかがえる第一弾予告映像が解禁となった。

【関連】「トム・クルーズ」フォトギャラリー


 同シリーズは、リー・チャイルドのベストセラー小説「ジャック・リーチャー シリーズ」を原作に、元米軍エリート秘密捜査官にして今は街から街へと放浪を続ける一匹狼、ジャック・リーチャーの活躍を描いたサスペンスアクション。新作では小説18作目の「Never Go Back」が原作となっている。

 予告映像では、何かの陰謀でスパイ容疑をかけられたと思われるターナー少佐を助けるため動き始めるリーチャー。追手が迫るも軍で培った能力で次々に敵をなぎ倒してゆく姿に、その圧倒的な強さが健在であることがうかがえる。果たしてリーチャーは真相にたどり着くことができるのか…。

 前作で監督を務めた『ユージュアル・サスペクツ』の名脚本家クリストファー・マッカリーに代わり、今作では、『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィックがメガホンをとる。また、キャストには『アベンジャーズ』でマリア・ヒル役を演じ一躍有名となったコビー・スマルダースや、大人気海外ドラマ『HEROES』でのマリナ役が記憶に新しいダニカ・ヤロシュ、『プリズン・ブレイク』死刑囚ティーバッグ役を演じブレイクしたロバート・ネッパーなどが脇を固める。

 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、11月11日全国ロードショー。

最終更新:6月24日(金)12時22分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。