ここから本文です

『インディ・ジョーンズ』復活、第5弾の後もシリーズ継続の可能性あり

クランクイン! 6/24(金) 11:50配信

 ハリソン・フォードとスティーヴン・スピルバーグ監督が黄金の再タッグを組む『インディ・ジョーンズ』第5弾。2019年の公開を目指して制作されることになったが、米ディズニーがシリーズの続行を検討していることが明らかになったという。

【関連】『インディ・ジョーンズ』シリーズ<フォトギャラリー>


 前4作に製作総指揮で携わったジョージ・ルーカスの参加なしで進められていると思われた『インディ・ジョーンズ』第5弾。先日、スピルバーグ監督がルーカスの参加を断言し、さらなる盛り上がりを見せているが、米ウォルト・ディズニー社のCEOボブ・アイガー氏がThe Hollywood Reporterとのインタビューで、『インディ・ジョーンズシリーズについて「現在はリブート版というか継続版に集中しているが、その後にまたリブートみたいな形で(続けることを)考えている」と語ったという。

 アイガー氏は具体的な計画について言及しなかったものの、「もっと制作することを想像できる。1作で終わることはない」と断言したそうだ。主演のハリソンについては今年7月で74歳になることもあり、「彼に続投してもらい、その後は考える必要がある」と話し、世代交代があり得ることを示唆したという。ただしスピルバーグの方は別のインタビューで、第5弾について詳細は話せないが「最後にハリソン(インディ・ジョーンズ)を死なせたりしない」と約束している。

 『インディ・ジョーンズ』第5弾はシリーズ第4弾『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(08)のデヴィッド・コープが脚本を執筆する。2019年7月19日より全米公開予定。

最終更新:6/24(金) 11:50

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]