ここから本文です

池谷さんの体操指導に歓声 富山市芝園小 来月には富山公演に出演

北日本新聞 6月24日(金)17時39分配信

 元体操選手でサムライ・ロック・オーケストラ主宰の池谷直樹さんによる体操教室が24日、富山市芝園小学校で開かれ、4~6年生308人が参加した。池谷さんは児童の前転を見ながらきれいに回るポイントを指導。模範演技も行い、児童は技の美しさと迫力に歓声を上げていた。

 池谷さんは7月24日、オーケストラ富山公演「マッスルミュージカル~ふしぎの国のアリス」(北日本新聞社後援)を県民会館で開くことから、子どもたちに体操の楽しさを知ってもらおうと教室を企画。

 前転では、手のつき方や足の位置などを指導し「常に膝を閉じることを意識して、練習してほしい」とアドバイスした。続いて側転やバク転、マットに児童6人を寝かせ、その上を宙返りしながら飛び越える技などを披露した。マットに寝転んで間近で技を見た水林慎太郎君(5年)は「怖かったが格好良かった。自分もいろんな技ができるようになりたい」と話していた。

 大きな輪を使いさまざまな体操を行う「ラート」で世界大会5位の成績を持つ山城秀彬さんの演技もあり、児童は初めて見る技の数々に見入っていた。

北日本新聞社

最終更新:7月13日(水)13時14分

北日本新聞