ここから本文です

プロ棋士が囲碁の手ほどき 比美乃江小で体験教室

北日本新聞 6月24日(金)21時59分配信

 氷見市囲碁連盟(森文雄会長)の囲碁教室は24日、同市北大町の比美乃江小学校で開かれ、5年生80人が囲碁を体験して魅力に触れた。

 プロ棋士の下島陽平さん(八段)と同連盟の5人が訪問。下島さんが囲碁のルールなどを解説した。

 児童たちは2人1組になり、初心者向けの碁盤「7路盤」を使って難易度を上げながら対局を楽しんだ。

 同連盟は囲碁の文化に親しんでもらおうと、市内の小学校で毎年教室を開催している。

北日本新聞社

最終更新:6月24日(金)21時59分

北日本新聞