ここから本文です

巨人・菅野、まさかの大炎上 3回途中11被安打、自己ワースト9失点

ベースボールキング 6月24日(金)19時44分配信

ベテラン相川と今季初バッテリー

 巨人の菅野が24日、リーグ再開初戦となったDeNA戦(横浜)に先発登板し、自己ワーストの9失点(自責点9)で3回途中でマウンドを降りた。

 菅野はこの試合前まで、両リーグトップの防御率0.88をマーク。チームを5割復帰へ導く好投が期待されたが、初回、3番梶谷に先制適時打を許した。

 2回は下位打線に3連打を許したあと、1番桑原に2点適時打を浴び0-3。さらに、一死満塁から併殺崩れの間に4失点目を喫し、ガックリと肩を落とした。

 続く3回も3連打のあと、8番戸柱に左前適時打を許し5失点目。そして一死満塁から、またしても桑原に初球の直球を狙い打たれ、打球は左翼席中段に飛び込む満塁弾となった。

 ここで高橋監督がベンチを出て、2番手・矢貫へスイッチ。菅野は2回1/3を投げ、1被弾を含む11被安打で計9失点。失点数は2014年7月25日の中日戦での8失点を上回り、自己ワースト記録となった。

 巨人は正捕手・小林の左肩骨折が判明し登録抹消。菅野は約1年ぶりにベテラン相川とコンビを組んだが、初回からDeNA打線に捕まり、まさかの大炎上となった。

BASEBALL KING

最終更新:6月24日(金)20時33分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]