ここから本文です

群馬凱旋で明暗、西武・高橋光は7失点黒星 ロッテ・細谷は3安打1打点!

ベースボールキング 6/24(金) 21:54配信

● 西武 6 - 7 ロッテ ○
<9回戦・前橋>

 ロッテが打撃戦を制し逆転勝利。地元・群馬出身の細谷が3安打1打点の活躍。西武も前橋育英高出身の高橋光が先発登板したが、こちらは6回途中7失点と崩れ、今季3敗目(3勝)を喫した。

 凱旋登板となった高橋光は初回、降り続く雨の影響もあり二死一、二塁のピンチを背負ったが、5番ナバーロを右飛に打ち取り零封。2点リードの2回は、先頭の6番鈴木に追撃ソロを浴びたが、続く満塁のピンチを何とか凌いだ。

 3回以降も粘投を続けた2年目右腕だったが、5-1で迎えた6回、二死無走者からロッテ打線の反撃を受ける。8番田村に二塁打に浴びたあと、9番加藤に右前適時打を許し2失点目。さらに自らの暴投で再び得点圏に走者を背負ったあと、1番細谷にも左前適時打を許した。

 悪い流れを絶ちたい高橋光だったが、2番高浜に四球を与えると、3番角中に右前適時打を許し4失点目。さらに4番デスパイネにこの試合5つ目の四球を与え、6回を投げ切ることなく降板した。

 二死満塁で登板したのは左腕の武隈。だが、こちらも悪い流れを止められず、5番ナバーロに逆転の2点適時打を許し5-6。続く鈴木にも右前適時打を浴び、一気に5-7と試合をひっくり返された。

 6回の自責点はすべて高橋光に付き、2年目右腕は5回2/3を投げ、9安打2三振6四死球の内容で7失点。打線が4本塁打を放つなど5回までに5点の援護を受けたが、先発の役割を果たせず地元で今季3敗目を喫した。

 対するロッテは、こちらも地元凱旋となった1番細谷が3安打1打点と活躍。チーム全体でも16安打11得点を記録し、打線の援護に恵まれた先発・石川は、5回5失点ながら今季8勝目(2敗)を手にした。

BASEBALL KING

最終更新:6/24(金) 21:54

ベースボールキング