ここから本文です

決勝T進出のベルギー指揮官「イングランドやスペインと戦いたかった」

SOCCER KING 6月24日(金)13時1分配信

 ユーロ2016の決勝トーナメントを前に、ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ監督がコメントを残した。23日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ユーロ2016・グループステージ第1節でイタリア代表との強豪対決に敗れたベルギー。しかしその後の、アイルランド代表戦、スウェーデン代表戦に勝利し、グループ2位でのグループステージ突破を決めた。決勝トーナメント1回戦では、グループFを首位で通過したハンガリー代表と対戦する。

 同紙によると、対戦カードが確定したヴィルモッツ監督は、「私はイングランドやスペインと対戦したかった。彼らとの試合では失うものは何もないからね」と発言。ハンガリーよりもFIFAランキングが高いイングランドやスペインとの対決をプレッシャーが無いことから歓迎した。

 さらにヴィルモッツ監督は、プレーオフを勝ち上がり、11大会ぶりのユーロ本大会出場を果たしたハンガリーとの対戦を前に、「簡単な試合は存在しない」と気を引き締めた。

 ベルギーとハンガリーは26日にトゥールーズで対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月24日(金)21時10分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。