ここから本文です

【予想スタメン】連戦続く浦和、槙野の出場停止と主力の疲労蓄積が懸念材料…対する神戸は6戦未勝利

SOCCER KING 6月24日(金)20時0分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第17節
6月25日 19:00 浦和レッズ vs ヴィッセル神戸(@埼玉スタジアム2002)

■浦和レッズ ミッドウィークのFC東京戦で6試合ぶりの白星、連戦続きでコンディション面には不安あり

 22日に行われたリーグ戦第13節のFC東京戦で奇跡的な逆転勝利を収めたことで、どん底状態から這い上がっていくための精神的なきっかけは得られた。試合後、槙野智章は「勝った嬉しさよりも安心感がある」と正直な思いを口にしていた。

 何とか不調から脱しようという工夫も見られた。浦和のスタイルと言えば、攻撃時にダブルボランチの一枚がディフェンスラインに下がって、3バックから4バックに変形する特殊な戦術が代名詞だが、FC東京戦の前半は守備を重視するために可変せず、いわゆるオーソドックスな3バックと2ボランチの形で戦った。また、攻撃でも中央にいることが求められる1トップの興梠慎三がサイドに流れ、フィニッシュを3バックの槙野が担うという、今まであまりなかった形で得点も決めた。ただ、攻撃はともかく守備の変更が効果的だったかといえば微妙なところだ。2失点は前半に喫したものであり、それ以外にもチャンスは作られていた。

 また、逆転できた要因として浦和の攻撃に迫力があったことは確かだが、相手に助けられた部分も大きい。守備で効いていた選手の負傷や、マイナス面に作用した選手交代などがなければどうなっていたかわからないし、FC東京がガチガチに守りを固めて「試合を殺す」ことをしていれば、浦和が2点差をひっくり返すのは容易ではなかっただろう。

 6試合ぶりに勝利できたことは、精神面での影響を考えれば非常に重要だ。しかし、神戸戦は中2日で戦わなければならないという肉体的負担が大きく、安定感を取り戻したとは言えない守備は引き続き不安要素だ。そのなかで槙野を出場停止で欠くというマイナス材料もある。

 さらには、阿部勇樹と遠藤航というチームの屋台骨が、試合に出続けていることで明らかにコンディションを落としているのも気掛かりだ。普段見られないようなプレーミス、判断ミスがFC東京戦で目立ったのは疲労が溜まっていることの証。過密日程で回復は望めない中、神戸戦でどれだけ奮闘できるか。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-6-1
GK
西川周作
DF
加賀健一
遠藤航
森脇良太
MF
駒井善成
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
武藤雄樹
FW
興梠慎三

■ヴィッセル神戸 守備陣好調も決定力を欠き6試合白星なし、昨季の対戦は5失点大敗

 リーグ戦6試合で勝利がない神戸。だが、1-2で敗れたリーグ戦第16節の鹿島アントラーズ戦も、1-1で引き分けた第15節のサンフレッチェ広島戦もゲーム内容は決して悪くはなかった。ただ、少ない得点チャンスを決め切らないと勝負には勝てないという当たり前のことを実感させられた2試合でもある。昨季2ndステージ最終節で2-5と大敗した浦和と対戦する今節、アウェーでの難しい戦いが予想されるが、神戸は是が非でも勝ち点3を積み上げたい一戦になる。

 マイナス材料としては、浦和が22日のFC東京戦で3ゴールを挙げている点。連敗を「3」で止めただけではなく、攻撃陣が調子を取り戻し、浦和の士気は上がっていると予想される。

 プラス材料としては、前節の鹿島戦で豪快なヘディングシュートを決めた北本久仁衛をはじめ、神戸の守備陣が好調なところ。鹿島戦を欠場した伊野波雅彦の調子は気になるが、代わりに鹿島戦でスタメン起用された高橋祥平も持ち味のビルドアップ能力を発揮。さらに左サイドバックの相馬崇人が前節途中から復帰したことで攻撃に厚みが増しそうだ。

 ブラジルの名門インテルナシオナルから新加入したボランチ、ニウトンの出場は早くても2ndステージから。彼の新しい門出を良い形で迎えさせるためにも、今節は勝利で終えたいところだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
キム・スンギュ
DF
高橋峻希
北本久仁衛
高橋祥平
相馬崇人
MF
小林成豪
田中英雄
藤田直之
渡邉千真
FW
ペドロ・ジュニオール
レアンドロ

SOCCER KING

最終更新:6月24日(金)20時5分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]