ここから本文です

【予想スタメン】5連敗中の敵地新潟に乗り込む鳥栖、今季初の3連勝なるか…前節2ゴールの鎌田大地に注目

SOCCER KING 6月24日(金)20時10分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第17節
6月25日 19:00 アルビレックス新潟 vs サガン鳥栖(@デンカビッグスワンスタジアム)

■アルビレックス新潟 FC東京戦で負傷退場の舞行龍は復帰濃厚、U-23日本代表メンバーの3人には期待大

 今季初の連勝を目指したリーグ戦第16節のFC東京戦は、相手の隙を逃さず2試合続けて先制に成功。しかし、頭部を打った舞行龍ジェームズが前半で交代した後は、猛攻にさらされた。同点とされた後半は長身の指宿洋史を投入し、ロングボールから相手の勢いを削ぐ戦いに持ち込もうとした。しかし、「ロングキック」、「収める」、「セカンドボールを回収する」という、それぞれのプレーで精度を欠いて機能せず、シュート0本に終わる苦しい戦いに。それでも勝ち点1を持ち帰った粘りは、今節につなげなければならない。

 幸い、舞行龍は今週のトレーニングをこなし、鳥栖戦でのプレーに照準を合わせている。ただ、舞行龍の状態を差し引いたとしても、センターバックの競争をさらに活性化させることが期待される林裕煥が、FC東京戦翌日の湘南ベルマーレとのサテライトリーグでわずか20分プレーしただけで退場に。チームとしても一気にバランスを崩し、チーム力の底上げに失敗したのは痛かった。

 吉田達磨監督は、マッシモ・フィッカデンティ監督が昨季率いたFC東京と、鳥栖との共通点を指摘。「今までのようなロングボールとセットプレーだけのチームではなくなっている」とし、戦術合戦の難しい試合になると予想。1週間かけて準備を進めてきた。

 もちろん、球際の激しさという根源的なところで負けないのは大前提だ。その上で、キリンチャレンジカップ2016、U-23南アフリカ代表戦のU-23日本代表メンバーに選ばれた松原健、鈴木武蔵、野津田岳人の奮闘にも期待したい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
加藤大
小林裕紀
レオ・シルバ
成岡翔
FW
端山豪
山崎亮平

■サガン鳥栖 前節は鎌田の2ゴールで逆転勝利、守備は上々も攻撃では課題を残す

 リーグ戦第16節のG大阪戦を今季初の逆転で飾り、初の連勝を手にした鳥栖。勝利の立て役者となったのは、今季初ゴールを含む2ゴールを挙げた鎌田大地だが、2試合連続アシストを記録した富山貴光、ゴール前でマークを引きつけてスペースを空ける動きで記録に表れないアシストをした豊田陽平の動きも秀逸だった。

 4試合ぶりとなる失点こそ喫したものの、チームにとって大きな意味を持つ勝ち点3となった。マッシモ・フィッカデンティ監督も「守って戦ったわけではなくて、ああいう強いチーム相手にも攻め切って勝つことができた」と満足気な様子。

 チーム状態が上がってきた鳥栖だが、今節迎える新潟とのアウェーゲームはYBCルヴァンカップを含めて5連敗中。しかも、最近4試合はすべて0-1で惜敗している。リーグで2番目に少ない失点を誇る守備をベースにして自分たちの流れを作り、いかにゴールへと結びつけるかがポイントになる。前述したように攻撃陣は調子を上げつつあるが、データ的に見るとチーム得点はまだリーグワースト。監督は「多くの選手が長く新潟でプレーしていると思うので総合的に戦えるチーム」と評価しながら、「しっかりと警戒して、勝つための準備をしてやるだけ。相手よりもこっちの準備をしっかりしたい」と続けた。

 7月から始まる2ndステージに良い形でつなげるためにも、苦手なアウェイでの勝利が必要だ。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-4-2
GK
林彰洋
DF
藤田優人
キム・ミンヒョク
谷口博之
吉田豊
MF
キム・ミヌ
高橋義希
福田晃斗
鎌田大地
FW
豊田陽平
富山貴光

SOCCER KING

最終更新:6月24日(金)20時16分

SOCCER KING