ここから本文です

【予想スタメン】宇佐美貴史の海外移籍に花を添えたいG大阪、不安要素の多い名古屋と激突

SOCCER KING 6月24日(金)20時20分配信

2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第17節
6月25日 19:00 ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス(@市立吹田サッカースタジアム)

■ガンバ大阪 海外移籍の宇佐美はG大阪でのラストマッチ、けが人多数の守備陣は安定感を保てるか

 宇佐美貴史のアウクスブルグへの移籍が決定した。その発表記者会見で名古屋戦に向けて「チームが勝つこと、できれば自分のゴールで勝つことで、ガンバサポーター、お世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えたい」と語った宇佐美。ラストマッチに自らのゴールで花を添える決意だ。2011年夏にバイエルンに期限付き移籍をした際は、直前のヴィッセル神戸戦で1アシスト1ゴールの活躍を見せたが、その再現なるか。G大阪を愛してやまない宇佐美の魂を感じられる戦いを期待したい。

 けがで離脱中だったサイドバックのオ・ジェソクが今週からようやく全体練習に合流した一方で、リーグ戦第16節のサガン鳥栖戦では、けがから復帰後、安定したパフォーマンスで守備陣を牽引していたセンターバックの岩下敬輔が右内転筋を痛めるなど、相変わらずディフェンスラインに離脱者が多い。また、練習中に違和感を訴えた選手もいるため、守備陣の顔ぶれが前節と変わるのは必至。その中でチームとして組織だった守備を展開し、名古屋の攻撃陣にいかに仕事をさせないかが、明暗を分けるカギになりそうだ。

 ここ最近、攻撃力は高まりを感じられるだけに、守備さえ崩れなければ十分に勝機はある。この3年、エースとしてチームを牽引してきた宇佐美の再挑戦を勝利で送り出したいという選手個々の想いを結束させて、1stステージ最終戦を勝利で飾り、2ndステージにつなげたい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-5-1
GK
東口順昭
DF
初瀬亮
丹羽大輝
金正也
藤春廣輝
MF
今野泰幸
倉田秋
阿部浩之
遠藤保仁
宇佐美貴史
FW
アデミウソン

■名古屋グランパス 前節は連敗ストップも14位に沈む、主力欠場により代役の活躍は必須

 負ければ17位転落もあり得る1stステージ最終節は、シモビッチと田口泰士という大黒柱2選手を欠いての戦いとなることが濃厚だ。両名ともに水曜日の練習まで不参加で、残された調整期間は木曜日と金曜日の非公開練習のみ。チームはその間、川又堅碁と矢田旭をスタメン組に入れてのトレーニングを積んできており、遠征メンバーに入ったとしてもベンチスタートが妥当なところ。シモビッチがベンチ外となった場合は、川又のスタミナ面での不安要素が気になるところで、野田隆之介やグスタボとのスイッチが戦い方にどう影響するかもマイナス材料として浮上する。

 1stステージはやや低調な戦いを続けているG大阪とはいえ、チームが持つポテンシャルは名古屋より上と見るのが正直なところで、ここまで大きな不安材料を抱えての対戦は厳しいと言わざるを得ない。一方で期待できる面もあり、先週から継続してきた守備の再確認による意思統一が、攻撃面にも作用する可能性は十分にある。前線が川又と矢田、永井謙佑と古林将太という機動性に優れた選手であることを踏まえれば、高い位置での守備からショートカウンターという今季序盤で猛威を振るった攻撃パターンの復活も十分に期待できるだろう。ボランチでは柏レイソル戦で攻守に素晴らしい働きを見せた磯村亮太が継続して起用される見込みで、彼のフィード能力が速攻向きの前線の力をさらに引き出す相乗効果も強みの一つだ。

 リーグ戦第16節で連敗を「3」で止めたこともチームの雰囲気を良くしており、下を向くことなくシンプルに勝利を見据える心構えの点でもチーム状態は上向き。また、古巣対決である明神智和も調整が間に合い、「あのスタジアムでプレーできればそれは嬉しいこと」と気持ちの入ったプレーを約束。安田理大も「(宇佐美)貴史の最後だからね。頑張ってほしいよ」と後輩にエールを送りつつも、「自分は攻守両面で貢献する」と花を持たせる気はさらさらない。(今井雄一朗)

■名古屋予想スタメン
4-5-1
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
大武峻
竹内彬
安田理大
MF
イ・スンヒ
磯村亮太
古林将太
矢田旭
永井謙佑
FW
川又堅碁

SOCCER KING

最終更新:6月24日(金)20時22分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。