ここから本文です

メッシ、代表での初タイトル獲得に自信「自分たちは勝利にふさわしい」

SOCCER KING 6月24日(金)14時11分配信

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016決勝に向けての意気込みを語った。メキシコ『レコルド』紙の電子版が報じている。

 これまでアルゼンチン代表でのメッシは、2005年のワールドユース(現U-20ワールドカップ)と2008年の北京オリンピックでこそ優勝経験はあるが、フル代表でタイトルを獲得した経験はない。メッシは同代表の公式ツイッター(@Argentina)上で、次のようにコメントしている。

「僕たち全員の望みは、このまま一気にタイトルを獲得することだ。これまでに自分たちが成し遂げてきたことを考えると、僕たちはタイトルにふさわしいと思う」

 また、メッシは準決勝アメリカ戦でチーム2点目となる直接FKを決め、代表通算55ゴール目を記録。ガブリエル・バティストゥータ氏が保持していたアルゼンチン代表の通算最多得点記録を更新したが、この件についてもコメントしている。

「バティ(バティストゥータ氏)の記録を塗り替えることができて、とても幸せだ。チームメイトに感謝したい。これは彼らの記録でもあるからね」

SOCCER KING

最終更新:6月24日(金)14時11分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。