ここから本文です

「ようこそ Hiroki」「いらっしゃいませ」…酒井宏樹のマルセイユ移籍が決定

ゲキサカ 6月24日(金)7時50分配信

 マルセイユは23日、今季限りでハノーファーとの契約が満了する日本代表DF酒井宏樹を獲得したと発表した。

 12年に柏からハノーファーに完全移籍で加入した酒井は、4シーズンを過ごして通算92試合に出場。今季も右SBのレギュラーとして26試合に出場していた。

 クラブ公式ウェブサイトでは酒井のインタビュー動画が掲載されており、「とても幸せです。ビッグクラブだし、クラブハウスも大きい。練習場も大きくて静かなので、最初の練習が楽しみです」と英語で喜びのコメントを残している。

 クラブは酒井の経歴を紹介するとともに、公式ウェブサイトで「ようこそ Hiroki」、公式ツイッターでは「いらっしゃいませ」と日本語のメッセージを記しており、酒井の加入を歓迎している。

 マルセイユは今季リーグ戦13位に終わったものの、リーグ戦9回、カップ戦10回、欧州チャンピオンズリーグを1回制している名門クラブ。05年から06年には元日本代表DF中田浩二氏が在籍しており、酒井は同クラブ2人目の日本人選手となった。

最終更新:6月24日(金)7時50分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]