ここから本文です

C・ロナウド、今夏の移籍はなし…新契約にサインへ

ゲキサカ 6月24日(金)19時50分配信

 レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが2020年6月までの契約延長で話を進めていることが分かった。『マルカ』によると、EURO後にも正式発表される見通しだという。

 レアルとロナウドは2018年6月までの契約を結んでいるが、それをさらに2年延長する見通し。さらに延長オプションも検討されている。

 2009年夏からレアルでプレーするロナウドには移籍の噂が絶えないでいた。最も熱心だと思われたパリSGへの移籍は、個人合意に至っているとの報道もあったほどだ。しかし先日ロナウド自身は、「40歳までレアルでプレーしたい」と発言。新契約が成立すれば、とりあえずは35歳まではレアルでプレーする権利を得ることになる。

最終更新:6月24日(金)19時55分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。