ここから本文です

白血病で現役引退の元主将…古巣2部降格に現役復帰を志願

ゲキサカ 6月24日(金)21時43分配信

 白血病と診断され、2013年に現役を引退した元ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフ(36)が、チャンピオンシップ(2部相当)に降格した古巣のアストン・ビラで現役復帰を検討しているようだ。

 ペトロフは母国ブルガリアでデビュー後、1999年よりセルティックでプレー。2006年まで在籍し、MF中村俊輔とも一時期チームメイトだった。2006年よりアストンビラに移籍。プレミアリーグを戦ったチームで主将を務めるなど、中心選手として活躍した。ブルガリア代表としても100試合を越えるキャリアを持っている。

 しかし2012年に急性骨髄性白血病との診断を受け、復帰へ向け懸命のリハビリを続けたが、翌年限りで引退を決断。その後はアストン・ビラでチームスタッフとして働いていた。

 ただ15-16シーズンを最下位で終え、プレミアリーグではクラブ史上初の降格の憂き目に遭った古巣の危機に、居ても立ってもいられなかったようだ。『スカイ』によると、現在はリハビリも順調に進んでおり、本人も現役復帰を望んでいるとのことで、ロベルト・ディ・マッテオ新監督はオーストリアで行うキャンプへの帯同を決断したという。

 元主将の大復活が、1年でのプレミア復帰を目指すチームの活力になる。

最終更新:6月24日(金)21時43分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]