ここから本文です

データで見るEUROグループリーグ…ベイルは枠内シュート11本で3ゴール

ゲキサカ 6月24日(金)21時50分配信

 EURO2016は22日にグループリーグ全日程が終了した。ここまで合計69ゴールの本大会グループリーグをデータ別に見ていこう。

 チーム別に見ると、現在3試合を終えて、ハンガリーとウェールズが6得点で、スペイン、クロアチアが5得点を記録している。また、総シュート数ではFWクリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガルが69本でトップ。2位はイングランドで65本、3位はドイツとベルギーが59本となっている。

 パス成功率が一番高いのは93%で3連覇を狙うスペイン。決勝トーナメント1回戦では前回大会の決勝で対戦した“カテナチオ”のイタリアと対戦することが決まっており、注目を集めている。また、2位は91%でドイツ、スイスが並んでいる。

 また、個人ではFWアルバロ・モラタ(スペイン)とMFガレス・ベイル(ウェールズ)が3得点で得点ランキングトップ。アシスト数ではMFエデン・アザール(ベルギー)とMFアーロン・ラムジー(ウェールズ)が2アシストとなっている。その他の個人データは以下の通りとなっている。

 EURO2016は25日からいよいよ決勝トーナメント1回戦に突入する。データで勝敗の予想や試合結果を見ていくのも面白いかもしれない。

▽チーム別
■得点数
6点:ハンガリー
6点:ウェールズ
5点:クロアチア
5点:スペイン

■失点数
6点:ロシア
5点:チェコ
5点:ウクライナ

■総シュート数
69本:ポルトガル
37本:イングランド
59本:ベルギー
59本:ドイツ

■枠内シュート数
22本:ポルトガル
21本:ドイツ
21本:ウェールズ

■パス本数
2023本:スペイン
1967本:ドイツ
1634本:ポルトガル

■パス成功率
93%:スペイン
91%:ドイツ
91%:スイス

▽個人別
■得点数
3点:アルバロ・モラタ(スペイン)
3点:ガレス・ベイル(ウェールズ)

■アシスト数
2本:アーロン・ラムジー(ウェールズ)
2本:エデン・アザール(ベルギー)

■枠内シュート数
11本:ガレス・ベイル(ウェールズ)
8本:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
6本:アルバロ・モラタ(スペイン)

■パス本数(パス成功率)
353本(93%):トニ・クロース(ドイツ)
307本(92%):グラニト・ジャカ(スイス)
284本(93%):アンドレス・イニエスタ(スペイン)

■セーブ数
19本:ハンネス・ハルドルソン(アイスランド)
16本:マイケル・マクガバーン(北アイルランド)

■ファウル数
9回:アルバロ・モラタ(スペイン)
9回:シモーネ・ザザ(イタリア)
9回:シェーン・ロング(アイルランド)

■被ファウル数
11回:グジェゴシュ・クリホヴィアク(ポーランド)
10回:ユライ・クツカ(スロバキア)
10回:イェウヘン・コノプリャンカ(ウクライナ)
10回:ロベルト・レワンドフスキ(ポーランド)

最終更新:6月24日(金)21時53分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。