ここから本文です

新型ホンダ フリード、いよいよ情報公開開始!

carview! 6月24日(金)12時23分配信

ホンダは24日、今秋フルモデルチェンジを予定している新型「フリード」の画像を初公開するとともに、先行公開ページを公開した。先行公開ページでは、新型フリードの情報を順次公開していくという。

【拡大写真を見る】

フリードは、2008年に登場した5ナンバーサイズのコンパクトミニバン。6人乗り仕様と7人乗り仕様が用意されるほか、車両後部をフリースペースとした5人乗り仕様「フリードスパイク」も用意。使い勝手の良いスライドドアと豊富なバリエーションで人気を博してきた。

ただ、ライバルの「トヨタ シエンタ」が2015年7月にフルモデルチェンジし、ハイブリッドモデルをひっさげて登場したことで、フリードの存在感が薄れてしまった感は否めない。そこでいよいよフルモデルチェンジが発表されたというわけだ。

先行公開ページでうたわれているのは、フリードの従来の魅力である「ちょうどいい」を受け継ぎながら、居住性や燃費性能、走行性能を向上させるということ。ここから想像できるのは、5ナンバーサイズを維持しつつ、居住性をさらに向上。燃費については、ライバルに対抗するうえで今回もハイブリッド化はほぼ確実だろう。これらが満たされるとなると、コンパクトミニバンの中心層であるファミリーユーザーからの注目度がグッと高まりそうだ。

もうひとつ気になるのは価格。現行モデルは174万6000円から239万2400円(フリードの場合)で、手の届きやすい価格帯が人気を支えるひとつの要因となっていた。パワートレインの進化で価格と燃費のバランスがどうなるか。ライバルに対してアドバンテージがあるのか、といったあたりが最大の関心どころ。満を持して登場する次期フリードに期待したい。

新型フリード 先行公開ページ
http://www.honda.co.jp/FREED/new/

株式会社カービュー

最終更新:6月24日(金)19時30分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]