ここから本文です

新型ホンダ フリード、いよいよ情報公開開始!

carview! 6/24(金) 12:23配信

ホンダは24日、今秋フルモデルチェンジを予定している新型「フリード」の画像を初公開するとともに、先行公開ページを公開した。先行公開ページでは、新型フリードの情報を順次公開していくという。

【拡大写真を見る】

フリードは、2008年に登場した5ナンバーサイズのコンパクトミニバン。6人乗り仕様と7人乗り仕様が用意されるほか、車両後部をフリースペースとした5人乗り仕様「フリードスパイク」も用意。使い勝手の良いスライドドアと豊富なバリエーションで人気を博してきた。

ただ、ライバルの「トヨタ シエンタ」が2015年7月にフルモデルチェンジし、ハイブリッドモデルをひっさげて登場したことで、フリードの存在感が薄れてしまった感は否めない。そこでいよいよフルモデルチェンジが発表されたというわけだ。

先行公開ページでうたわれているのは、フリードの従来の魅力である「ちょうどいい」を受け継ぎながら、居住性や燃費性能、走行性能を向上させるということ。ここから想像できるのは、5ナンバーサイズを維持しつつ、居住性をさらに向上。燃費については、ライバルに対抗するうえで今回もハイブリッド化はほぼ確実だろう。これらが満たされるとなると、コンパクトミニバンの中心層であるファミリーユーザーからの注目度がグッと高まりそうだ。

もうひとつ気になるのは価格。現行モデルは174万6000円から239万2400円(フリードの場合)で、手の届きやすい価格帯が人気を支えるひとつの要因となっていた。パワートレインの進化で価格と燃費のバランスがどうなるか。ライバルに対してアドバンテージがあるのか、といったあたりが最大の関心どころ。満を持して登場する次期フリードに期待したい。

新型フリード 先行公開ページ
http://www.honda.co.jp/FREED/new/

株式会社カービュー

最終更新:6/24(金) 19:30

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。