ここから本文です

GT-Rと超高性能ドローンが対決【動画】

carview! 6/24(金) 13:39配信

日産自動車の関連会社NISMO(ニスモ)は、高速無人航空機「GT-Rドローン」と「日産GT-R」による異色バトルの模様をYouTubeに公開した。

【NISSAN GT-Rの写真をもっと見る】

「GT-Rドローン」とは、日産がGT-R 2017年モデルの空撮のために用意した、レーシングドローン。ワールドドローングランプリで優勝した「トルネード Xブレード レーシング(Tornado XBlades Racing)」により製作されたカスタマイズドモデルで、0-100km/h加速が1.3秒、最高速度185km/hという高性能を誇る。

かたやGT-Rは、0-100km/h加速が2.7秒、最高速度315km/hの実力の持ち主。この2台がシルバーストーン・サーキットで競争を繰り広げた。

GT-Rのドライバーは「日産プレイステーションGTアカデミー」からステップアップを果たした若手ドライバー、リカルド・サンチェス。対するドローンの操縦士は、2015年にイギリスのドローンの大会で優勝した凄腕の持ち主ジェームス・ボールズが務める。

陸と空でそれぞれ世界に君臨する高性能マシンによる異色バトル。はたして戦いの行方は?

株式会社カービュー

最終更新:6/25(土) 14:42

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。