ここから本文です

中日の谷繁監督がキャッチャー杉山を公開説教&懲罰交代

THE PAGE 6月25日(土)7時0分配信

 ヤクルトの“トリプルスリー”山田に好きなように打たれた。

 レギュラーシーズンの再開となった24日のヤクルトー中日戦(神宮)で“公開説教”があった。3回の守備が終わると、谷繁監督は4年目の杉山翔大(25)をベンチで立たせた。
公開説教。杉山は、直立不動で、谷繁監督の話に耳を傾けた。谷繁監督が説いたのは、おそらく山田に対してのリードである。
 
 初回に二死三塁でカウント2-2から外のストレート。インサイドを攻めていなかったので山田に狙われていた。2試合連続の24号の先制2ラン。

 3回には、無死二、三塁で、再び山田。第1打席の配球に反省があったのか。今度はインサイドのボールを3球続けて、カウント0-2と追い込みながらも、その3球目をレフト線に持っていかれた。同じボールを3球も続ければ対応されるのが、プロのセオリー。山田対策を万全に用意してきたはずだが、カウントを整えておきながら、あまりに迂闊なリードだった。しかも状況は、どちらも一塁ベースは空いていたのだ。封じねばならない4番に打たれば、ゲームの主導権を奪われるのも無理がなかった。

 鉄は熱いうちに打てが原則。
 名キャッチャーとして、配球の妙で勝ちを拾ってきた谷繁監督にしてみれば、“頭を使っていないリード”で、防ぐことのできる失点をしてしまっているのが我慢ならない。

「(リードが)いきあたりばったり。どう打ち取ろうとしているのか、まったく意図が考えられない。準備ができていない」
指揮官としては、そこを鍛えていくことが、チーム強化の土台になることを実感しているのだ。
 
 谷繁監督は、懲罰交代で杉山をベンチへ下げた。

 代わりに4回からマスクをかぶったのが、横浜、西武と渡り歩き移籍3年目、プロ14年目のベテラン武山真吾(32)。すると武山は、目先を変える緩いボールなどをうまく使って、4回以降は、若松、福、武藤、祖父江とつなぐ5イニングを無失点にまとめてみせた。それはそれで収穫だったが、カードの初戦でヤクルトの乗っている4番打者、山田を打たせてしまっていては、残り2試合の配球に影響を及ぼす。下位チームにインサイドワークのミスで星を落としては広島追撃もままならないだろう。

「監督からは、いろんな考え方があるんじゃないか? といわれました。もっと注意深くリードをすれば結果は変わっていたと思います」

 反省した杉山も試合後は肩を落とした。
今季は3年目の桂依央利(24)と共にツープラトンで捕手起用されてきた。49試合で打率.267、1本、16打点の数字を残し、“成長した”という評価を受けていたが、まだまだ甘さがある。
 
 谷繁監督の公開説教は、今や中日の名物のようになってしまったが、プロとしてみっともない姿であることも確か。だが元ヤクルトの名捕手、古田敦也氏も、当時の野村克也監督の公開説教を受けながら大きく成長した。谷繁監督の公開説教は、ノムさんの姿にも重なる。若手捕手を育成するための糧となれば、この1敗も意味はある。

最終更新:6月25日(土)7時0分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]