ここから本文です

世界の「企業経営者の愛車5選」 バフェットが愛した日本車とは?

ZUU online 6/25(土) 11:10配信

クルマとは不思議なものである。その人の愛車を見れば、単なる好みだけではなく、人生観まで見えてしまうように感じることがある。一国一城の主たる経営者や大富豪の愛車であれば、なおさらであろう。

もちろん、社会的成功者であれば複数台所有できるし、次々に買い換えることも可能なので、現在も所有しているわけではないクルマもある。しかし、過去も含めて所有していた愛車を知ることで、彼らならではのスタイル、哲学が伝わってくるのではないだろうか。

■寺田和正氏 アストンマーティン V12ヴァンキッシュ

サマンサタバサといえば、パリスヒルトンやミランダ・カーなど、世界のセレブをCMに起用し、若い女性やOLに人気のあるバッグブランドだ。そのサマンサタバサジャパンリミテッドの創業者である寺田和正氏が所有していたのが、アストンマーティン V12ヴァンキッシュである。

V12ヴァンキッシュは最高出力586bhp、停止状態から100km/hまでの到達が3.8秒、最高速は323km/hという強力なパワーのマシンだ。1台のヴァンキッシュの内装に100万ものステッチが施されるという、精緻な職人芸も、サマンサタバサのバッグに通ずるものがあったのかもしれない。

寺田氏がヴァンキッシュを購入するきっかけは、F1で日本人初となる3位表彰台を獲得した元レーシングドライバー、鈴木亜久里氏の勧めだった。こうしたエピソードからも、寺田氏の交友関係の幅広さがうかがえる。会う人によって愛車も着替えるという寺田氏。センスの良さも抜群だ。

■アラン・ムラーリー氏 レクサス LS430

フォード モーター前CEOで現Googleの取締役、アラン・ムラーリー氏が「世界最高のクルマ」と賞賛する一台がレクサス LS430だ。

LS430は2000年に登場した3代目である。V8、4300ccのアメリカ人好みのエンジンを搭載しながらも、排ガスを前モデル比75%削減、Cd値0.25と当時の市販車では世界トップクラスであった。

その後、ミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティシステムがオプション設定されるなど、現在のレクサスにも受け継がれている安全性能の高さも含めて、先の「世界最高のクルマ」というセリフを言わしめたのかもしれない。

■アビゲイル・ジョンソン氏 メルセデス・ベンツ EクラスワゴンE320

米国の資産運用会社、フィディリティ インターナショナルの女性CEO、アビゲイル・ジョンソン氏の愛車だ。ジョンソン氏は、米国で10本の指に入る女性富豪であり、2014年にCEOに就任した。

スポーティなエクステリアに多彩なシートアレンジができる大容量のトランクがついたEクラスのステーションワゴンは、車格・使い勝手ともに、合理性の追求を行った結果、選ばれたクルマに違いない。

トランクリッドもハンズフリーで開閉できるので、女性にもやさしいステーションワゴンとなっている。ファイナンスの専門家であり、経営者たるジョンソン氏らしい選択であり、メルセデス・ベンツとしても、理想的なユーザー像となっているはずだ。

■ラリー・ペイジ氏 トヨタ プリウス

Google創業者で、持株会社アルファベット社CEOのラリー・ペイジ氏はプリウスを所有していたことがある。また、テスラのロードスターも所有していたことから、エコ意識の高さが伺えるクルマ選びだ。

知的レベルの高い人たちは、現行プリウスのように40km/Lの低燃費や、テスラのようにゼロ・エミッションのEVを選ぶ傾向にある。さらに、テスラの場合は最高速201km/hと、その速さも魅力なのだろう。

だが、ペイジ氏は最近1億ドル(約105億円)以上もの資金をなんと「空飛ぶ自動車」を開発するために突っ込んだとか。テスラのイーロン・マスク氏もスペースXでロケットを飛ばしているように、ITの成功者は、もはや地上の乗り物では満足できないのかもしれない。

■ウォーレン・バフェット氏 スバル レガシィ アウトバック

世界一著名な投資家と言って良いであろう、ウォーレン・バフェット氏は、世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主を務めている。

バフェット氏の純資産は2015年で633億ドルと、Facebookのマーク・ザッカーバーグの357億ドルの1.7倍ほど。「価格と価値は同じではない」「長期的な投資をせよ」など、氏の発したルールに則って投資活動を行っている人も多いことだろう。

そんな大富豪が選んだのが、スバル レガシィ アウトバックだ。ボクサーエンジンと、AWDの組み合わせによる走破性の高さと走りの気持ちよさはまさに「価格と価値は同じではない」を地で行った選択なのではないだろうか。また、キャデラックのXTSも所有していたことがあり、こちらはGMのCEO、メアリー・バーラ氏のお勧めだったという。(モータージャーナリスト 高橋大介)

最終更新:6/25(土) 11:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。