ここから本文です

台湾の大学生、ドイツ「iF学生デザイン賞」で最高賞獲得 世界一に

中央社フォーカス台湾 6/25(土) 11:06配信

(台北 25日 中央社)雲林科技大学視覚伝達設計学科3年の許智偉さんが現地時間17日、ドイツ・ハンブルクで開かれたデザインコンテスト「iF学生デザインアワード2016」授賞式で、最高賞金の5000ユーロ(約57万円)を獲得した。喜びの知らせに、同大の侯春看校長(学長)は許さんを「台湾の誇りで大学の誇りだ」と称えた。

同コンテストには世界64の国・地域から1万1000件近くの応募が寄せられ、100人が入賞。さらにそのうち上位9人に賞金総額3万ユーロが贈られた。

5000ユーロを手にしたのは許さんを含めて3人。許さんは「RAINDROP」と題したポスターを出展。作品では地球の環境汚染の危険性を表現し、環境保護に対するメッセージを伝えている。

(編集:名切千絵)

最終更新:6/25(土) 11:06

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。