ここから本文です

<深田恭子>「心も体も健康でいることが美につながる」

毎日キレイ 6月25日(土)13時0分配信

 女優の深田恭子さんが、7月1日公開の映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」(ジェームズ・ボビン監督)の日本語吹き替え版で声優を務めている。声を担当した役は2010年公開の前作「アリス・イン・ワンダーランド」に続き、アン・ハサウェイさんが演じる白の女王(ミラーナ)。深田さんは「お話をいただいた時に、まずは作品に続きがある、といううれしさがあったのと、またこの白の女王の役をいただけてとてもありがたい気持ちになりました」と再び白の女王の声を担当できる喜びを語った。そんな深田さんに今作でまた声優をやることについてや日常生活を送る中でのこだわり、信条などを聞いた。

【写真特集】まさに白の女王 オールホワイトの深田さんの全身カット

 ◇前作の“はじまり”の物語

 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は、ジョニー・デップさんが出演したことも話題になった10年公開の「アリス・イン・ワンダーランド」(ティム・バートン監督)の“はじまり”の物語。悲しい過去に心を奪われたマッドハッター(デップさん)を救うため、時間をさかのぼるアリス(ミア・ワシコウスカさん)の冒険を描く。日本語吹き替え版は、深田さんのほか、マッドハッター役の平田広明さん、アリス役の安藤瞳さん、赤の女王役の朴ロ美さんも続投する。

 ◇今回の白の女王はより特徴的でキュート

 深田さんは、続編となる「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」で再び声優を担当することを、「前作を見た時の色彩や音、また3D映像がとても印象に残っていたので、今回はどんな作品になるんだろうとすごく楽しみ」とわくわくしたという。6年ぶりに白の女王を演じた感想を「前作では、キッチンで会話をしながら料理を作る、というシーンがとても難しかったです。今回の白の女王は、前回と違って、より特徴的で温かみがあり、そしてキュートだなと思いました。やっぱり動きは可愛いです」と話している。

 原作となるアニメーション「不思議の国のアリス」については、「もちろんビデオは持っていて何回も見ています。私はアリスとお花たちとのシーンが好きです。お花たちと歌ったり踊ったり、あとはせりふでも出てきますが、私自身が小さいものが大好きで、キノコ食べて小さくなる、大きくなるなどのシーンも好きで、想像力が膨らみます。あとは『何でもない日、万歳』のシーンも好きです。なんて幸せなせりふなのかな、とも思いますし、たくさん好きなところはあります」と思い出を語った。

1/3ページ

最終更新:6月25日(土)13時0分

毎日キレイ