ここから本文です

<門脇麦>初の単独主演作は「想像超えていた」 長谷川博己も絶賛

まんたんウェブ 6月25日(土)12時47分配信

 女優の門脇麦さんが25日、東京都内で行われた初の単独主演となる映画「二重生活」(岸善幸監督)の初日舞台あいさつに、主要キャストとともに登場。門脇さんは「ついに初日だなって、感慨深い気持ちでいっぱいです」としみじみ。共演の長谷川博己さんから「この映画の最後の表情が今までの麦ちゃんとは全然違う。今までの門脇麦を“超えたな”」と絶賛されると、門脇さんは「ものすごくうれしいです」と照れた表情を浮かべていた。

【写真特集】菅田将暉も登場! 靴下にも注目?

 「二重生活」は、直木賞作家・小池真理子さんの同名小説を映像化。門脇さん演じる、大学院で哲学を学ぶ平凡な学生の珠は、ある日、担当の篠原教授(リリー・ フランキーさん)から一人の対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”を勧められ、妻子と暮らす隣人で大手出版社に勤める石坂(長谷川さん)の尾行を始め、いつしか禁断の行為にはまっていく……というストーリー。

 門脇さんは映画について「自分の想像を全て超えていて、とても客観的に見られて、一観客として楽しめました」とにっこり。尾行シーンについては「面白かったですね。主に長谷川さんを尾行したんですけど、愛人とレストランで口論するシーンではにやけちゃいました」と笑顔で振り返っていた。舞台あいさつには、門脇さんの恋人を演じた菅田将暉さん、リリーさんも登場した。

最終更新:6月25日(土)23時51分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。