ここから本文です

英EU離脱、台湾経済への影響「大きくない」=林首相

中央社フォーカス台湾 6月25日(土)13時52分配信

(台北 25日 中央社)欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票で離脱派が勝利したことに関し、林全・行政院長(首相)は24日の立法院(国会)質疑で、金融市場への影響に注視していくとした上で、実質的な影響については、「大きくない」と推定していると述べた。

公的資金による買い支えに関しては、世界の金融情勢が台湾の金融市場に大きな影響をもたらした場合には、検討すると強調。今後の対応について中央銀行や財政部(財政省)、金融監督管理委員会などと意見を交換するとした。

一方、国家発展委員会の高仙桂・副主任委員は、英国のEU離脱によって、今後台湾の輸出や実体経済に影響が出る恐れがあると指摘。今年後半とみられていた景気回復の時期についても、さらに遅れる可能性があると語った。

(劉冠廷、蘇龍麒、陳政偉/編集:杉野浩司)

最終更新:6月25日(土)13時52分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。