ここから本文です

<二階堂ふみ>“ゆるふわ”ファッションで舞台あいさつ 小泉今日子との共演「幸せでした」 

毎日キレイ 6月25日(土)15時6分配信

 女優の二階堂ふみさんと小泉今日子さんが25日、東京都内で行われたダブル主演映画「ふきげんな過去」(前田司郎監督)の初日舞台あいさつに登場。二階堂さんはゆったりめの長袖ワンピースに黒のショートブーツ、ゆるふわ髪に指先は朱色のネイルというファッションで、小泉さんは濃紺のワンピースにゴールドのハイヒールサンダルを合わせていた。

【写真特集】二階堂ふみ“ゆるふわ”全身カット 小泉今日子は……

 二階堂さんは小泉さんとの共演を「幸せでした。同じ空間、同じ空気を感じて、勉強になったし、うれしかったです」と振り返ると、司会者から「小泉さんの魅力とは?」と聞かれ、「全て」ときっぱり。また、二階堂さんは、子供の頃に思い描いていた未来を聞かれると「(大きくなったら)身長が173センチくらいになると思っていた。変な固定観念、思い込みがあった」と告白して、会場の笑いを誘うと、“今後”については「キレイな、美しい人になりたい」と語っていた。

 映画は、三島由紀夫賞、向田邦子賞受賞、岸田國士戯曲賞などを受賞し、劇団「五反田団」を主宰する劇作家の前田さんのオリジナル脚本。毎日が死ぬほど退屈でつまらない果子(二階堂さん)の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉さん)が、突然戻ってくる……というストーリー。舞台あいさつには高良健吾さん、板尾創路さんも登場した。

最終更新:6月25日(土)23時49分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。