ここから本文です

剛力彩芽 ヤクルト山田哲人直伝“斜め45度投法”披露

リアルライブ 6月25日(土)19時42分配信

 女優の剛力彩芽が25日、神宮球場で『ジョア ピーチDAY』と銘打たれたヤクルトスワローズvs中日ドラゴンズ戦の試合前に自身3度目となる始球式を行った。

 試合前にヤクルト山田哲人選手から直接指導を受けた剛力は「最後の一球がきれいに投げられたのでその感触を忘れないように頑張りたいです」とやる気満々。山田選手は「ノーバンで届くように斜め45度の角度で投げるように」とアドバイス。

 剛力はヤクルトのユニフォームを身に着け緊張気味にマウンドに向った。サウスポーで大きく振りかぶりダイナミックなフォームを披露したが、それとは相反してボールは三塁側方向に大きく逸れる大暴投。剛力はマウンド上にしゃがみ込み顔を覆った。剛力は「今までで一番ひどかったですね。三度目の正直という言葉がありますが…。ここで上手にノーバンや剛速球で投げたらもう始球式には呼んでもらえないのではと一瞬よぎり、それを言い訳にしようと思いました」と苦笑い。

 ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎からは“ごうりき”の名前にひっかけて「50点」の採点。剛力は「50点もくれるんですね」とニッコリ。


 

最終更新:6月25日(土)19時42分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。