ここから本文です

「EU離脱ドミノ」の懸念 仏、独、蘭でも国民投票? Frexitの現実味

ZUU online 6/25(土) 15:10配信

英国のEU離脱を受け、ドイツ、フランス、オランダでも国民投票が実施される可能性が現実味を帯びてきた。

ドイツやフランスといったEU加盟国からの猛反対を押し切り、6月23日を「独立記念日」に塗り替えた英国。最高潮に達した国民の不満と英国人としての誇りが、勝利という形で世界中に知らしめられた1日だった。

そうした英国人の底力に続けとばかりに、以前から各国で見え隠れしていた「反EU」の動きが活発化し始めている。どうやらEUの崩壊は、英国民投票以前から始まっていたようだ。

■ドイツ「シェンゲン圏はすでに崩壊」

今年3月、2013年に発足したばかりのAFD(Alternative For Germany)ドイツ政党が、3つの地域議会で61議席を獲得するという異例の事態が起こった。

移民を無制限に受け入れるアンゲラ・メルケル首相に対する国民の反発が、AFDへの人気に火をつけたものと思われる。

ドイツには過去1年間で110万人の移民が押し寄せている。そのうち30万人が支援を約束されたアサイラム・ビザを与えられている。

メルケル首相の「支援の手」が納税者に課す支援金は、2017年までに総額360億ドル(約3兆6803億円)に達すると見込みだ。

AFDのベアトリクス・フォン・シュトルヒ副議長は、「シェンゲン圏はすでに崩壊している」というコメントとともに、「国民には自国の運命を決める権利がある」と主張。離脱の是非を問う国民投票の実施を求めている。

■仏、独、蘭、北イタリアでも「国民投票を」

一方、Brexitの影響を最も受けるといわれているフランスでは、2017年のフランス大統領選にも出馬している国民戦線の党首マリーヌ・ル・ペン氏が、早い時期から国民投票の実施を熱望していた。

4月に行われた世論調査では、フランス国民の40%がBrexitを支持していたことなども明らかになっている。

また反移民派として知られるオランダの自由党の党首、ゲールト・ウィルダース氏も、英EU離脱決定直後に「Nexit(オランダEU離脱)」の国民投票を求める意向を表明。

北イタリアでも同様の声があがっている。

■離脱ドミノを引き起こすか?

世界第5位の経済大国を失うことになったEUだが、「英国を撤退する企業を自国に取りこめる絶好のチャンス」と、ポジティブに受けとめる意見も多い。

英国は近年すでにEU内で孤立した立場にあり、「EUに不協和音をかなでる要因」として見られていた。

ミシェル・ロカール前フランス大統領は一昨年、「すべてを壊す前に英国はEUから立ち去るべきだ」とコメントしている。EUにとって英国は「要求と不満の多い高慢な国」となりつつあったようだ。

しかし国益を重視する政府と国民の声には、大きなへだたりがつきものだ。それが最もわかりやすく示された例がBrexitである。

EU議会はそのへだたりが表面化し、「離脱のドミノ作用」を引き起こすことを懸念しているという。(アレン・琴子、英国在住のフリーライター)

最終更新:6/25(土) 15:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。