ここから本文です

米開幕戦を制した新鋭がV王手 日本勢最上位は太田直己の5位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月25日(土)14時39分配信

◇国内男子◇ISPSハンダグローバルカップ 3日目◇朱鷺の台CC(石川県)◇6834yd(パー71)

【画像】金髪で登場のタンヤゴーン・クロンパ

10アンダー首位タイから出たエミリアーノ・グリージョ(23=アルゼンチン)が7バーディ、3ボギー「67」でプレーし、通算14アンダーで単独首位となった。今季から主戦場とする米男子ツアーの開幕戦「フライズドットコムオープン」を制した。日本ツアー初出場での初優勝に王手をかけた。

ギャラリーが多いと「楽しめる」という23歳は「決勝で日本人選手と回りたい」と切望していた。しかし、3日目、最終日ともに願いは通じず、同伴選手は海外勢で占められることになった。「残念」とこぼしながらも「最終組は良い選手とラウンドするということだから、楽しんでプレーしたい」。難敵に打ち勝つことをモチベーションに残り18ホールを戦う。

1打差の通算13アンダー2位から逆転を狙うのは日本ツアーを主戦場とするタンヤゴーン・クロンパ(タイ)。3位に通算12アンダーでパク・サンヒョン、朴ジュンウォンの韓国勢が続いた。

日本勢最上位は太田直己の通算11アンダー5位。2011年「マスターズ」王者のシャール・シュワルツェル(南アフリカ)、欧州ツアー2勝のビクトル・デュビッソン(フランス)、日本2勝のブラッド・ケネディ(オーストラリア)の3選手と並んでいる。

前年覇者の武藤俊憲は27位から「68」で通算7アンダー16位に浮上。16番(パー5/511yd)では第1ラウンドの宮本勝昌に続き、アルバトロスを決めた。記録が残る1985年以降では、一つの試合で複数のアルバトロスが出たのは2年ぶり3例目となった。

<主な上位成績>
1/-14/E.グリージョ
2/-13/T.クロンパ
3T/-12/朴ジュンウォン、パク・サンヒョン
5T/-11/太田直己、C.シュワルツェル、V.デュビッソン、B.ケネディ
9T/-10/宮本勝昌、P.ハリントン
11T/-9/池田勇太、文景俊

最終更新:6月26日(日)22時20分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。