ここから本文です

<長瀬智也>生まれ変わったら「クドカンになりたい」

まんたんウェブ 6月25日(土)14時28分配信

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんが25日、東京都内で行われた主演映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(宮藤官九郎監督)の初日舞台あいさつに主要キャストとともに登場。同作が輪廻転生がキーワードになっていることから、「生まれ変わるなら誰か?」という質問に長瀬さんは「クドカンになってみたい」と回答。「かれこれ15、6年一緒に仕事させてもらっている。客観的な自分を見ることができそう。自分の知らないことがわかりそう」と感慨深そうに語った。

【写真特集】神木隆之介、尾野真千子、清野菜名も…

 長瀬さんと宮藤監督は、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(TBS系、2000年)や「タイガー&ドラゴン」(同、05年)、映画「真夜中の弥次さん喜多さん」(05年)など多くの作品でタッグを組んでおり、長瀬さんの回答に客席からも納得の声が上がった。宮藤さんは「朝起きたら体中痛いし、変なため息ばかりつくし、俺になったらつらいよ……」と照れ隠ししていた。

 映画は、修学旅行中に事故で地獄へ落ちてしまった高校生・大助(神木隆之介さん)が、地獄農業高校の軽音部顧問でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」を率いる赤鬼・キラーK(長瀬さん)と出会い、高校のクラスメートに告白したい一心でキラーKの特訓を受けて“生還”を目指し奮闘する……というストーリー。歌舞伎俳優の中村獅童さん、マーティ・フリードマンさんやROLLYさんらミュージシャンも多数出演している。

 舞台あいさつには、神木さん、尾野真千子さん、清野菜名さん、森川葵さん、桐谷健太さん、古舘寛治さん、皆川猿時さんも出席。前日の24日には、長瀬さんら出演者で構成された劇中のロックバンド「地獄図(ヘルズ)」がテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」に生出演して話題となったが、長瀬さんは「昨日地獄のライブがあったので疲れが残っている……」と話し、神木さんも「昨夜の地獄のライブからドキドキが止まらない」と興奮冷めやらない状態だった。

 また、今年1月に起きたスキーバス事故を受け、一度は公開が延期されたこともあり、宮藤さんは「本当に今日この日を迎えれてうれしいです」と語り、長瀬さんも「ようやく皆さんに見てもらうことができました。皆さんに見てもらうことをうれしく思います」とコメント。神木さんも「無事この日を迎えられたのは皆さんのおかげ」、尾野さんも「公開できてよかったとしみじみ思います」、古舘さんも「本当に良かった。おめでとうございます。この日が来ないと思ったが意外に早めに来ました」と公開を喜んでいた。

最終更新:6月25日(土)20時19分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。