ここから本文です

蔡総統、年金改革の必要性強調 「高齢者に十分な保障を」/台湾

中央社フォーカス台湾 6月25日(土)18時57分配信

(台北 25日 中央社)蔡英文総統は23日、年金制度の改革のために設立した「国家年金改革委員会」の第1回会議に出席し、一部の改革は今しないと「後で後悔する」が、年金制度に関しては「すぐ後悔する」ことになると述べ、早急な改革の必要性を訴えた。

蔡総統は、年金制度では全国民が基本的な保障を得られなければならないが、過去の制度のあり方が不完全であったために財政の不安定化を招き、職業による格差を生んだと指摘。今回の年金改革ではこれらの問題を解決し、全ての高齢者が十分な保障が得られるようにしたいと語った。

一方、会議では公務員や教師、軍人などの代表として出席した一部委員が、議事進行について民主的でなく「北朝鮮よりひどい」と声を上げたほか、選出されたメンバーに偏りがあるなどとして、会議を途中退席した。

(呂欣ケイ/編集:杉野浩司)

最終更新:6月25日(土)18時57分

中央社フォーカス台湾