ここから本文です

<黒木瞳>初監督作公開に瞳潤ませ「感無量」 撮影では「帰りたいと思ったことも」

まんたんウェブ 6月25日(土)18時46分配信

 女優の黒木瞳さんが25日、東京都内で行われた初監督映画「嫌な女」の公開初日舞台あいさつに、ダブル主演を務めた吉田羊さんと木村佳乃さんら主要キャストとともに登場した。初監督作が公開を迎え、黒木さんは「感無量。本当に、本当にありがとうございます」と瞳を潤ませた。

【写真特集】吉田羊、木村佳乃も登場

 監督に初挑戦した黒木さんは「何度もあきらめようと思いましたし、くじけそうになったりもしました」と苦悩を明かし、「撮影に入って帰ろうかなと思った日が1回だけある」と告白。映画の主題歌を務める歌手の竹内まりやさんに「弱音を吐いたこともありました」と打ち明けた。それでも、スタッフや、キャストに背中を押され、「奮い立たせてもらった」と振り返った。

 一方、吉田さんは黒木さんの監督ぶりに「女優が女優を撮るということで、演出にも瞳さんのお芝居の要素が入ってくる」とコメント。木村さんは、撮影現場で自身に行う予定だったサプライズを黒木さんがうっかりネタばらししてしまったエピソードを明かし、黒木さんは「記憶からすっかりなくなっていました。サプライズは成功していたと……すみません」と謝罪した。

 「嫌な女」は、桂望実さんの小説が原作で、黒木さんと鈴木保奈美さんの共演でドラマ化もされている。映画では、男をその気にさせる天性の詐欺師・夏子(木村さん)と、遠縁でまじめ一徹の弁護士・徹子(吉田さん)の対照的な2人の女性が向き合い、人生をかみ締める姿を描く。

 舞台あいさつには中村蒼さん、古川雄大さん、ラサール石井さんも登場した。また、同作が10月に韓国で行われる映画祭「第21回釜山国際映画祭」に出品されることも発表された。

最終更新:6月25日(土)22時18分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。