ここから本文です

故M・ジャクソンの娘、亡き父の変態癖報道に挑発写真で猛反撃!

Movie Walker 6/25(土) 9:07配信

マイケル・ジャクソンが亡くなったのは、2009年6月25日。亡くなって7年も経った今になって、自宅のネバーランドから押収された奇妙な遺品がメディアを騒がせているが、それについて娘のパリス・ジャクソンが猛反撃している。

【写真を見る】とうとうブチ切れ!娘パリスが怒りのツイート

最初にマイケルの自宅から、男子児童のヌード写真やビデオのコレクション、SMセックス、動物虐待写真などが多数押収されたというニュースを受け、パリスは直ちに「最もピュアなものはいつだって傷つけられる。私の愛する父はこれまでも、そしてこれからもずっと無罪潔白よ」

「残念なことに、ネガティブなものは商売になるの。皆さんに言わせてもらうわ!父のありもしない誹謗中傷でキャリアを築こうとする、カスなパラサイトの言うことなんて無視して」とツイートした。

しかし各メディアが一斉に追い打ちをかける様に、気味の悪い人形のコレクションや『ホーム・アローン』(90)のマコーレー・カルキンなどの写真付きでこのニュースを報道。いかにも無罪になったマイケルが、実際には少年に性的虐待を加えていたかの様に伝えると、パリスの怒りはピークに達した様子。

マイケルの1995 年のアルバム「ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1」に収録された「スクリーム/チャイルドフード」で、マイケルが中指を立てているイメージ写真を投稿して猛反撃している。

妹のジャネット・ジャクソンとデュエットしているこの曲は、幼児虐待疑惑をかけられたマイケルを「Wacko Jacko」と表現して変人扱いしたメディアへの怒りの声だと言われており、娘が父親に変わって怒りを表現しているようだ。

またマイケルの甥っ子や親族らも、「もういい加減にしてほしい」「もうたくさんだ」と反論している。【NY在住/JUNKO】

最終更新:6/25(土) 9:07

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]