ここから本文です

吉田羊、黒木瞳監督の珍演出に困惑「“ドレドド”でお願い」

Movie Walker 6月25日(土)11時35分配信

女優・黒木瞳が初監督に挑戦した映画『嫌な女』の初日舞台挨拶が6月25日に丸の内ピカデリーで開催され、黒木監督をはじめ吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井が登壇。初日の観客を前にした黒木監督が「ほんっとうにありがとうございます!感無量です」と瞳を潤ませた。

【写真を見る】黒木瞳監督、大胆なミニスカートで美脚を披露!真っ白なワンピース姿が美しい

原作は、桂望実のベストセラー小説。堅物弁護士と天才詐欺師という境遇も立場も違う対照的な二人の女性の人生のケミストリーを鮮やかに描く。黒木監督は「何度も諦めようと思った。くじけそうにもなった。告白しますと、撮影に入ってから『帰ろうかな』と思ったことも一回あります」とこれまでの道のりを笑顔で述懐。

「でもわたしの背中を押してくれたのは、スタッフの支え、キラキラした演技を見せてくれるみなさんのオーラ、映画を観たお客様がきっと笑顔になってくださるだろうと信じたこと。それが私を奮い立たせてくれた」と充実の思いを語った。

木村は「瞳さんの初監督作品に出させていただいて本当に光栄」と喜びを語りつつも、“監督”黒木瞳については「大変、厳しかったです」と告白。「今まで他の監督には指摘されたことのない、演技指導を受けた。大変勉強になりました」と感謝しきりだった。

また吉田は「女優が女優を撮るとなると、演出にも瞳さんのお芝居の要素が入ってくる」と演出を受けた感想を吐露。「瞳さんは音にこだわる」そうで、「ナレーション収録のときに、今の音は“ミレミミ”じゃなくて、“ドレドド”でお願いと言われて。わかるような、わからないような感じだった」と音符での演技指導があったとのこと。「それは宝塚での培われた実績があるからこそ。ご自身がそうやって音にこだわってセリフを発しているんだなと感じた」と話していた。

音符での演出についてはラサールも中村も「わからない」と口をそろえ、ミュージカル俳優でもある古川までもが「ミュージカルをやっていますが、わからない」と苦笑い。「音符読めないんです」と意外な一面を明かして、会場を笑わせていた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:6月25日(土)13時40分

Movie Walker