ここから本文です

門脇麦、長谷川博己を尾行するシーンは「面白かった」

Movie Walker 6月25日(土)12時29分配信

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』の初日舞台挨拶が、6月25日に新宿ピカデリーで開催。門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が舞台挨拶に登壇した。門脇は映画について「自分の想像を超えていました」と手応えを口にした。

【写真を見る】かわいい!門脇麦、ワンピースの全身ショット

門脇は「すべてが想像を超えていて、一観客として楽しめた作品でした」と満足そうに語る。尾行のシーンについては「長谷川さんを尾行しているんですが、愛人とレストランで口論するシーンとかは面白くて。あるある、いるいると思いました」とおちゃめな笑みをこぼす。長谷川は「常に見られている感じで、嫌~な気持ちになりました」と苦笑いした。

前回の舞台挨拶に続き、撮影中に居眠りしたことをいじられた菅田は「撮影中は寝ないもんですが、寝ちゃいました。2回目です」と言った後、そのシーンがカットされたと気づいて驚く。菅田は門脇と顔を見合わせ「え?散々言ってて、カットされてるんですよ。まあ、僕が寝たからかな」と笑いながら恐縮した。

その後、タイトル『二重生活』に合わせ、初日を迎えた気持ちを漢字4文字で表したゲスト陣。門脇は「多くの人に観て欲しい」ということで「多人観欲」と、長谷川は「また、門脇麦を超えた」という賛辞を込めて「超門脇麦」と書かれたフリップを披露した。

普通、初日の前日は寝られないという菅田は「昨日はよく寝ました」という意味の「良寝真下」で笑いをとると、リリーも、舞台挨拶にギリギリに到着して、質問の意味がよくわからなかったということで「今到不解」と書かれたフリップを見せ、会場を笑いに包んだ。

小池真理子の小説を、文化庁・芸術祭大賞に輝いたドラマ「ラジオ」を手がけた映像作家の岸善幸が大胆に脚色し、映画化したサスペンス。女子学生(門脇麦)が、大学院の修士論文を書くために、見知らぬ男(長谷川博己)の尾行をしていく。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:6月25日(土)12時29分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。