ここから本文です

永島勝司 ゴマシオ編集長のつぶやき 二十ニ言目『UWFとの対抗戦の殊勲者は鈴木健と安生洋二』

バトル・ニュース 6/25(土) 1:49配信 (有料記事)

 先日、旧UWFの鈴木健氏と安生洋二に会った。現在安生は用賀の鈴木健社長の「一億円」という焼き鳥屋で自立経営を目指して修行中だという。安生は相変わらず人なつこい笑顔で、俺もすっかり昔を思い出しながら打ち解けたものだ。

 俺がUWFとの対抗戦を仕掛けてから相当な月日が流れた。周囲は「歴史的興行」と言って称えてくれるが、この興行の陰の殊勲者は何を隠そう鈴木健と安生なんだよ。本文:1,404文字 この記事の続きをお読みいただくには、バトル・ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    515円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/25(土) 1:49

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]