ここから本文です

<高校野球>埼玉大会158チーム対戦決定 浦和学院、初戦は鴻巣

埼玉新聞 6月25日(土)6時30分配信

 7月9日に開幕する第98回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が24日、埼玉県さいたま市大宮区の市民会館おおみやで行われ、出場158チームの対戦相手が決まった。昨秋、今春の県大会王者で3年ぶりの頂点を狙うAシード浦和学院は初戦の2回戦で鴻巣の挑戦を受ける。

 昨夏覇者で選抜大会にも出場し、春季県大会準優勝のAシード花咲徳栄は桶川西と対戦。1984年以来、32年ぶりの甲子園出場を狙うBシード上尾は朝霞と、同じくBシード山村学園は川越東とそれぞれ顔を合わせる。昨夏準優勝校のノーシード白岡は本庄東と1回戦を争う。

 選手宣誓は第98回大会にちなんで、98番の抽選くじを引き当てた草加の須賀智也主将が務める。第94回大会から参加が認められた連合チームは上尾橘、上尾鷹の台、大宮商、岩槻北陵の1チームが出場。今大会も昨夏に続き、熱中症対策のためにグラウンド整備を三、六回終了時に行う。

 開会式は午前11時、開幕試合は午後1時半にプレーボール。順調に日程を消化すれば、決勝は26日の午前10時から県営大宮球場で実施され、優勝校が全国高校選手権(8月7~21日・甲子園)の出場権を獲得する。入場料は一般500円、中高生200円(開会式は無料)。引率された少年野球・中学生チーム(引率者・保護者有料)、障害者(障害者手帳の提示)と介添え者1人、小学生以下は無料。

最終更新:6月25日(土)6時30分

埼玉新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]